相続・節税に強いおすすめ法律事務所や口コミ・評判

「円満な相続」とは相続が発生したら・・・

  • 相続する遺産や債務がスムーズに把握できて
  • すべての相続人が判明しており
  • 揉めることなく遺産の分割が行われ
  • 相続税を納税し
  • 相続した不動産の名義変更までが滞りなく進む

ことを言います。

相続税の申告納税の期限は、相続が発生してから10ヶ月以内と決められております。ただし、相続人の行方が分からなかったり、遺産の分割において相続人全員の同意が得られず、遺産分割が確定しないなどにより10ヶ月以内に相続税の申告が出来ないケースも多くあります。

相続税の納付期限を過ぎてしまった場合、納付すべき税額に5%の割合を乗じて計算した金額が課せられます。さらに、法定納期限の翌日からその税金を完納する日までの期間の日数に応じ、延滞税も必要となりますので、スムーズに相続のお手続きを進めるためには、家族は勿論、親族とのコミュニケーションを取っておくことや、遺言書の作成など事前の相続対策をしておくことが重要です。

相続の選択「相続するか」「相続をしないか」

相続とは、亡くなった方の財産を相続人で分けることですが、注意をしなければならないのは、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産(借金や連帯保証人の立場など)も相続財産だということです。
基本的に、相続するか放棄するかは、相続人が自由に決めることができますが、相続をする際には、プラスの財産・マイナスの財産、どちらも受け継がねばならず、遺産を超える多額の借金が相続財産としてある場合もあります。

相続人は相続条件を「単純承認」「相続放棄」「限定承認」の3つ選択肢の中からを選ぶことができます。相続をするか放棄をするかは3ヶ月以内に決め、手続きを行う必要があります。
相続が発生してから(相続人が亡くなってから)の3ヶ月というのは長いように思えて、とても短いものです。また借金などのマイナスの財産があることは、3ヶ月を超えてから発覚することが多く、その場合お手続きが難しくなって、相続放棄ができなくなることも多々ありますので、以下の場合は専門家に相談することをおすすめします。

  • 相続人が誰か?(相続人の調査)
  • 相続分はどれくらいか?(遺産の調査)
  • 借金がある場合の相続は?(相続放棄したほうが良いか)
相続・節税に強いおすすめ法律事務所や口コミ・評判からのお知らせ